<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

昼寝

「1時から5時まで昼寝してしまった」と
申し訳なさそうに言う我が家のママ。
(↑「個人情報」を勝手に載せました。しかられるかなぁ)

息子が高校生になって毎朝お弁当つくりに
帰宅の遅い家族の夕食やら、ユニフォームの洗濯やら・・・
過保護と思われる方もいらっしゃるでしょうが
そうでもしてやらないと、息子も時間が足らない様子。

思えば「母」となったその日から
数時間ごとの授乳に眠りを割く「母業」は、お世話の連続。
それはそれで喜びも大きいことだけど、
ママたち、たまの昼寝ぐらい胸をはってしてくださいよ。
子育ては、それだけの価値ある立派な仕事です。

ママたち、ありがとう
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-29 23:59

TVドラマ

娘が録画してあったドラマ。
肝心のクライマックスのストーリーを僕が誤って
違う番組を録画して、消してしまいました。

幸いにも、僕はそのドラマを観ていたので
久しぶりに娘に「お話」をして、再現してあげることに。
娘が幼稚園の頃以来、10年ぶり位でしょうか?

僕の頭の中には、ドラマの場面がビデオのように再現され
それを言語に置き換えて、娘に伝えます。
はたして娘の頭のなかには、僕の頭の中に浮かんだドラマが
どの程度再現されているのでしょうか?

言語化される以前のイメージを言語化し表現する。
言語化された表現をイメージに再表現し受け取る。
そうやって考えると二人称でのコミュニケーションだって結構複雑。
いわんや人を介して三人称でコミュニケーションをすれば
誤解だって少なからず生じるのは当然かもしれません。

お互いが許しあう。コミュニケーションは、そうありたいですね。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-28 23:59

こころの仕組み

誰の内にもある「ありのまま」の「こころ」。
それはとてもデリケートで傷つきやすい。
だから人は知らずうちに「矛」や「盾」で、自分のありのままの「こころ」を
硬く、堅く、固く、守るのかもしれないな。

あんまり固く守りすぎて
ありのままの自分、本当の自分に気付くことすら出来なくなることが
人にはあるのかもしれない。

自分のありのままに自信があれば
「矛」や「盾」を持たずに、人々の中に「こころ」をさらけ出せるのに。
「自信」は、そんな傷つきやすい、ありのままの「こころ」を
周囲が、しっかり認めて受け入れてくれることで育つらしい。

攻撃的、否定的、悲観的な表現も
その人の、ありのままの「こころ」が
とても優しく繊細で傷つきやすいから、
必死で自分を守りたいから、ただ、それだけなのかもしれないね。

そう思うと、本当は「こころ」優しい人なんだ、と思えるのかもね。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-28 19:26

雨のち晴れさ!

b0034758_21255599.jpg

雨上がりの土曜日、ぐらんまガーデンで
「ガーデンパーティ」懇親会。

親子懇親会の企画は、保育暦4半世紀のH先生がケンパに
持ち込んでくれた文化。
保護者、教師、生徒、そんな立場を超えての楽しい「世間話」のひと時に、
「人」として、みなさまに少しだけ近づけるようで
とっても暖かな気持ちになれるのでした。

実は、叔母が亡くなり、普段は気丈夫な母が倒れ入院したと
兄からの連絡が昨晩のこと。
先の大戦で不遇の少女時代を支えあった、たった一人の姉妹に
先立たれた母の心中を思うと
いささか重い気分の朝だったけれど、母の容態も大したことはなく退院。

ママたちにも「今日はおばあちゃんは?」と気にかけて頂き、
思えば本当に幸せな母子であります。みなさま、ありがとうございます。

雨女さんも、晴れ男さんも、
いつだって人生は雨のち晴れなのさ!(^^)

それに
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-26 23:59

不調

「高校生に労働基準法があったら、僕は間違いなく違反だよ」と
毎日、早朝練習、帰宅は10時過ぎの部活生活に愚痴をこぼした
昨晩の息子。

めずらしく、と言うよりサッカーをやっていて
初めて聞いた息子の愚痴に、少々同情していた矢先の今晩。

いつものように10時過ぎに、ぐったりした様子で帰宅したかと思ったら
「ダメだ、熱がある」と自ら検温。・・・・ピピ・・・38.2℃

「のどが痛い」と床につきましたが、、、
ややや?もしや「麻疹」???か?
「幼児の時の予防接種だけでは、感染力が強く防げない」と
ニュースでは聞いていましたが。。。
明日、早速病院に行って来ることとしましょう。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-24 23:01

ぶ厚い思い

子育て支援活動をされている方々と
三鷹ハピネスセンターに見学へ

元職のK大K先生ご同行もあってか
館長先生、園長先生自らが、概要・機能を丁寧に教えてくれました。

その後、他の子育て支援活動をされている方々と合流し交流会。
それぞれの活動に掛ける思いの「ぶ厚さ」に圧倒される思いで
みなさんのお話を聴いてきました。

僕が抱える課題意識にもたくさんの選択肢を示してもらえて
実り多い一日でした。
明日からの、活動に早速活かして行こうと思います。
みなさま、ありがとうございました。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-22 23:59

五月晴れ

今日も五月らしい爽やかなお天気に誘われて
ケンパ国立の保育観察へ

久しぶりに会った子たちも
ずいぶんおしゃべりが上手になっていたり
オムツからパンツになっている子がいたり
子どもたちの成長の速度は、本当に速くてビックリ。

以前は、ママと離れるのが苦手で
泣き止んでからもA先生にベッタリだった子も
全く不安な表情一つ見せず、僕を無条件に信じてダイブしてきます。
こちらも必死で受け止めますが
こんなに喜びを実感できる瞬間(無条件に信じて頼られる)は
大人たちだけの時間では、なかなか味わえません。

幸せな時間を、今日も子どもたちから頂きました。
ありがとう
爽やかな五月晴れの一日でした。

それぞれ
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-21 23:07

個別教育計画を考える

個別教育計画は、単なる「個別指導」とは異なり
子どもが今、なにを感じて、なにを欲しているのかを感じ
こちら(大人であったり、集団であったり)の要求や希望と
相互に対話し理解しようとする試みでもあります。

広く人間の相互理解という深遠な哲学として捉えると
長い時間を必要とすることでもあり
単に「家庭」や「教室」「学校」といった単位ごとに成立するものではなく
「社会」全般に、相互人間尊重の姿勢が求められます。
このような基本哲学、価値の共有があって初めて
個別の教育計画は機能するはずです。

猟奇的な犯罪という「表現」で社会に衝撃を与える青少年が
「こころ」に抱える課題は、実は「表現」のレベルが異なるだけで
私たちの生活の中に多く観られる「こころ」の課題ではないでしょうか?

現れた表現の「善悪」を伝えることだけではなく
その表現の背景にある「こころ」に対して、
全ての関係性が、常に肯定的、支持的に維持されること
で目標へ近づくことが可能だと考えます。
つまりは、私たち全ての人間の課題だと思うのです。

教育現場の混乱や迷いも、それは「より良い未来」を願い考えるから
起こる現象で、そういう意味では「迷い」も肯定的に捉える「こころ」の動き。
理想のないところに葛藤はないのですから。
悩みながら、立ち止まらず、一歩ずつ、手を携えて行きましょうよ。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-17 23:59 | 育児・教育

お見舞いに

脳梗塞で入院している先輩に会いに行ってきました。

友人から聞いていた以上に麻痺の範囲が広く
身体的には、相当不自由そうでしたが
「後輩」たちの目前だからなのか、
一時心肺停止状態から生還したとは思えないほど
精神的には弱ったところを見せず
むしろ見舞いに来た「後輩」たちを励まし気遣う、
相変わらずの頼もしい先輩でした。

自身が生死の境をさまよったにも関わらず
後から救急搬送されて亡くなった少年の死を惜しむ心優しい先輩は
今、生かされていることを実感しているに違いありません。

先輩に、教え励まされた一日でした。
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-16 22:33

中間試験

娘は明日から中間試験です。

宵っ張りな息子と違って、夜は比較的早寝だった娘ですが
中学2年生となると、試験前はさすがに時間が足りない様子。
まだまだ、起きて勉強中です。

隣で、息子はサッカー日誌の溜書き。毎日書かなきゃねぇ。。。。

でもね、居間の机に息子と娘がならんで座っている光景は
パパの僕にとっては、ただそれだけで
なんとも心和む平和な気持ちにさせてくれるのでした。
子どもたち、ありがとう。

赤ちゃんポスト
[PR]
by no1kenpa | 2007-05-15 23:59


子育て、ちょっとヘコムこと、イライラすることだってありますよ。でも我が子に会えた「幸せ」さえ感じていれば、優しい自分に戻れるから。普通の現役パパを反面教師に、転ばぬ先の家族の杖にしてね。 


by no1kenpa

画像一覧
更新通知を受け取る

検索

以前の記事

2018年 04月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 04月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 08月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2002年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

子育て
教育・学校

画像一覧